MENU

個人のお客様へ

どんなケースでも
解体は解体業者に頼んだ方が得なんです!

家屋の建替やリフォーム。これらはいずれも一度「解体」という工程がないとできません。
例えばハウスメーカーに家屋の建替を依頼したとしても、解体工事から建替工事完了までをひとつの業者ができるわけではありません。
それぞれの仕事に専門の業者が入り、施工を行います。
すると当然のことながら仲介手数料や中間マージンといった余計なコストがかさんで割高になってしまいます。
つまり、解体が必要な工事には解体のみを適切な解体業者に依頼し、解体が完了した上で造る側の施工を工務店などに依頼するのが一番かしこいやり方と言えるでしょう。

こんなことでお悩みではございませんか?

  • 土地を売りたいけど敷地内に不要な建物がある。
  • 土地の使い道は決めていないがとにかく更地にしたい。
  • 家屋内ある不用品も解体と一緒に持って行ってほしい。
  • 建替を考えている。
  • 家の全面リフォームを考えている。
  • 不要な間取りを削りたい。
  • 建築業者から出された解体工事の見積りが思ったより高い。
  • 解体業者の選び方がわからない。
  • ちゃんとした業者でないと不法投棄などされそうで怖い。
  • 見積もりに来た業者が横暴で怖い思いをした。

そんな時はぜひ上原興業へご相談ください!

確実・丁寧・安心・適正価格をモット―に、お客様のニーズに確実にお応えいたします。

解体工事のポイント

解体工事対応例

  • 家屋全体の解体
  • 不要な間取りなど、一部分のみの解体
  • 長屋物件の切り離し解体
  • 家全体のリフォームの際など、内装と外装の解体
  • 部分的なリフォームの際など、部分的な内装の解体

家屋内に不要品が残っている状態でも大丈夫です

不要な家屋を解体したい。でも家屋内には古い家具などがそのまま残っているため、これらを撤去するのも一苦労、というケースはめずらしくありません。
上原興業はこのようなケースも最低限のコストで解決いたします。
撤去・収集した不要品はリサイクル法に則って処分いたします。

マニフェスト

マニフェストとは、建物の解体などによって出た産業廃棄物の排出事業者がその運搬や処理を他の業者に委託する場合に、その最終処理までの過程を記録するシステムです。
このマニフェストによって廃棄物が中間業者、最終処分業者へと流れていく過程を把握でき、各段階で各業者から押印(受付日・事業者・担当者)されるので、委託したとおりに廃棄物が処理されていることを確認できます。

当社では、お客様のご希望がございましたらゴミ処理の際に発行されたマニフェストをお客様に送付しております。お気軽にお申し付けください。

切り離し解体に伴う隣家補修も承っています

長屋の解体工事には切り離しが伴います。金額だけで解体業者を選んでしまい、問題が起こってしまうケースは少なくありません。

横並びに独立した住戸が連なっている一棟の建物「長屋」、このような家屋の切り離し解体工事をする場合には、一戸建ての建物に対する解体作業にはない、様々な問題が生じます。そのため、それらをクリアにできる解体業者の選定が大きなポイントです。

まずは、建物を共用されている住民の方々への挨拶と説明が十分にできること。壁を共有して連なっている長屋住民の工事中のストレスは相当なものとなりますので、十分な説明とケアが必要です。
基本的なことですが、こういったことができない粗悪な解体業者も存在するので注意が必要です。

また当然ながら、長屋解体に対するスキルを十分備えた業者である必要性があります。長屋造りには、連なった全ての家屋が一体となっていて梁(はり)までつながっている場合があり、解体・切り離し作業には相応の技術力がないと、隣接する他の家屋まで影響が及んでしまいます。「どの柱を切って良いのか」「どこを補修すれば良いのか」といった家屋の構造に関する知識が備わっていないと、残す予定の家屋が傾いてしまうという事態にもなりかねません。
従って解体作業には慎重性を要するため、手壊し解体をしなければならないのですが、重機による解体が主流となっている現在、手壊し解体に対応できない解体業者も多くなってきています。

解体工事の流れ

01. お見積もり

お見積もりは無料です。
当社スタッフが現場にお伺いし、現地調査を行い、お見積もりを算出させていただきます。
まれにですが地中に障害物が埋まっている場合があります。
しかし、現地調査では地中に埋まっている物の存在までは把握することはできません。
こればかりは建物を解体して、掘ってみないと分からないものなので、もし地中から何かが出てきてしまった場合には別途項目としてご報告させていただきます。

02. 挨拶まわり

近隣にお住まいの方々に、ごあいさつにまわります。
工事に関しては環境に与える影響のことも最大限に配慮した上で行いますが、やはり防ぎきれない騒音などでご迷惑をかけてしまうため、お詫びの思いも込めてごあいさつをさせていただきます。

03. 申請手続き

解体工事にまつわる手続きには実は様々なものが存在します。
これらの申請などを順守した上で工事を行わないと、罰則などを科せられてしまう場合があります。
これらの手続きはお客様ご自身でもできるのですが、煩雑な手続きのため、基本的には当社で代行しております。

お見積もりから申請手続きまで、約2週間程度のお時間をいただきます。

04. 着工(足場・養生)

安全に作業できるよう、足場の組み立てや養生などをいたします。

05. 仕分け(瓦・ボード)

リサイクル法に基づき、素材ごとに仕分けを行います。
屋根の瓦やボードは手作業で撤去を行っていきます。
撤去・収集した不要品は、リサイクル法に則って処分いたします。
また、毎日作業後には隣家の前まで入念に清掃を行います。

06. 重機仕分け(木・プラ・鉄)

引き続き、素材ごとの仕分けを行います。
木・プラ・鉄などの素材は重機を使用して仕分けをします。

07. 基礎の撤去

住宅基礎の撤去を行います。
この時に地面を掘ってみた結果、地中障害物が発見された場合は、別途項目としてご報告させていただきます。

08. 整地完了

最後に整地と入念な清掃を行い、完了です。

©2020 株式会社 上原興業